超文学フリマ

2013年05月01日

★超文学フリマが終了しました★

イベントレポートと卒塔婆レポートを書いたので2013年はブログの更新頻度が高いですネ☆

春の文学フリマが最近の会場になっている東京流通センター(TRC)の空調問題で使用見送りを余儀なくされ、他の創作系イベントも時期が被り、文学フリマin大阪の翌々週に偶然の重なりでニコニコ超会議に併催される事に決まった今回の「超文学フリマ」
 
文学フリマin大阪よりもアウェーなんじゃないだろうか、と内心ドキドキしていました。 
フタを開けてみたらアウェーではなかった(けどホームっていうのでもなかった)です。
卒塔婆スタンプラリーのお蔭で兎角毒苺團のブースはお昼前ぐらいから16:30ぐらいまで人波が途絶える事なく 、売上げも悪くなかった(むしろ当社比増)です。


そっとガイドブックを添えて
IMG_0140[1]








文学フリマin大阪の反省を活かしてディスプレイを更にブラッシュアップ。
卒塔婆は机の内側へ(※外側だと、敷布の邪魔になる)。
POPは極力、商品の側に(※今後の更なる課題)。
ブックマーカーは4択→在庫に誘導(※お好みを選びやすく)。


ブックマーカーを見やすくディスプレイ
IMG_0142[1]















(※※ポストカードは今後、透明ビニルに一枚ずつ梱包して値札をつけてしまおうかと考えています。
たぶんそのほうが親切。)


ディスプレイの組立てスピードは相変わらず遅いですが、

新刊のコーナー    見本誌&木の棚コーナー     ドラゴナイト擬典コーナー
IMG_0139[1]














の3ブロックに区切るようにしてから、だいぶスッキリとしたように感じます。
撤収のスピードUPの為の工夫も準備中。
そして一つあると便利な養生テープ。ハサミいらずで万能。


ドラゴナイトの後方にちらりと卒塔婆
IMG_0143[1]














この置き方でもまだまだ本だと認識されずにスルーされているようなので、やはり専用書見台を用意するかなぁ。
構想は既に固まっていたりする。




 

iori_8250 at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年04月29日

★文学フリマin大阪、超文学フリマが終了しました★

文学フリマin大阪が大盛況のうちに幕を下ろし、2週間後に開催された超文学フリマ。
フェーズ3という言葉の意味について考えたり意見を述べたりするのは他の方にお任せして、簡単に2013年春の2つのイベントについて振り返ってみたい。

大阪は楽しかった。
天候以外は特に不安はなかったが、大阪に住んでいる方の云っていた「大阪は初回ご祝儀みたいな感覚が存在しているので初回はアウェーのプレイヤーに優しく感じられるが、2回目以降に突き抜けたモノ/コトを要求される」というのが心に刻み込まれた。 
たぶんすべっても最初は優しく拾ってつっこんでもらえるが、2回目にすべった時はどう対処されるかわからない、という所だろう。 

大阪に出展を決めた時に考えたのは、せっかく遠征するのだからいま現在やれるアイデアと工夫は全部のせで挑んでみよう、だった。


まずは交流のある高村暦さん発案のメニュー表システム。
これは現在、密かなブームとして広まりつつある。
このメニュー表というシステムには素晴らしい点がいくつかある。
 
 1)手に取るお客さまは興味が湧いてくる。
 2)口下手な売り子でも差し出しやすい。
 3)タイトルと金額と簡単な解説だけなので口頭で説明されるより読んだほうが直感的にピピッ!とくる。
 
特に1)が素晴らしい、興味を惹かれなかったお客さまは恐らく何かで判断しているのだ。アリかナシかを。 さすがに「うち、ラーメン屋です、ラーメンとチャーハンと餃子と唐揚げがあります」とこちらが差し出したメニューに対して「脂の乗ったサバの塩焼きはないのか?」と詰め寄る客は居ない。


ドラゴナイト擬典のPOP
IMG_0132








そして元ロベリーソングオーケストラのマリィクさんに手作りしてもらった値札を兼ねたPOP。
兎角毒苺團のサークルカラーをお伝えして相談しながら作って戴いたお蔭で、とても自然にディスプレイと同化している・・・というかまるで「昔からあったヨー」と言わんばかりに溶け込んでしまっているのが驚きである。

兎角毒苺團はこの秋で文学フリマ参加十周年を迎えるのですが実はPOPを一度も作ったことがありませんでした。物販も多く、ディスプレイだか商品だかわからないモノもたくさんあるので、いろんな方から何度も「どこからどこまでが売り物かわからないから、POPを作ったほうが良い」とは言われ続けてきました。

置いてみると、なるほどPOPは視線事故回避の為の手信号誘導なんだという事がわかりました。
過去の写真を見て頂くとおわかり頂けると思うのですが、POPがない状態だと机の上のモノには表面上、ほとんど文字情報が出ていません。
最新刊のイコンではかろうじて控えめにタイトルを表紙に入れて戴きましたが基本的に表紙にも裏表紙にも文字をあまり入れずに作ることを好んでいるので、ひとつの卓上から瞬間的/直感的に情報を取り入れたいと感じているひとにとって文字情報が出ていない事は不親切な仕様であったのだな、とも。

違和感ゼロで溶け込むPOP
IMG_0142[1]














なんでもかんでも親切にする必要はないけれど、最低限のインフラは整えてあるほうが負担をかけない、という事と、イベント会場に作り手が足を運び商品を並べ朝から夕方まで本人がブースに居るのだから見たひとの興味をそそられる何かがあるなら話しかけてみればわかる事だし自分ならそういったやりとりも楽しみだけれど、そうでもないひとも居るのだという事に今回注目してみた。



http://d.hatena.ne.jp/jugoya/20130428



 

iori_8250 at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年04月28日

★卒塔婆スタンプラリーについて★

以下、KTG編集blogより引用(敬称略)

週末に迫ってる超文学フリマにて、卒塔婆スタンプラリーなる軸のぶれた企画を有志サークルで開催します。

 2013年は卒塔婆がトレンディ! 実際文学フリマ界隈の一部で、じょじょに卒塔婆への人気が高まりつつある。実際卒塔婆。


◇概要◇

・スタンプラリー参加サークルでスタンプ台紙をゲット。

・卒塔婆がブースに立ってる6サークルを廻ってスタンプ(判子やサイン等)をゲット。

※スタンプ台紙は無料配布です、スタンプは各ブースに台紙を持ってきて頂ければ捺印しますので、お気軽にご参加下さい。

・完走ノベルティ引き替え3サークル3ヶ所)で台紙を見せてノベルティをゲット。

・フルカラーのゴージャスでオシャレなスタンプ台紙は記念にお持ち帰りください。

◇参加6サークル◇ブースNo. サークル名


ウ-04 C-ROCK WORK/学習院表文研(ノベルティ引き換え)



キ-28 兎角毒苺團ノベルティ引き換え)


ク-31 男一匹元気が出るディスコノベルティ引き換え)

◇スタンプ台紙イラストに協賛して戴きました!(全5種なので、どれを貰えるかは当日次第)
崇山 祟  (2種)
脳髄博士 (3種)

※台紙は数に限りがあります(たぶん200枚ほど)。


当日、皆さまをお待ちしているステキな卒塔婆たち・・・フワーオ♥

卒塔婆3本











 


iori_8250 at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)